買取メニュー カメラ 買取メニュー お酒 買取メニュー 腕時計 買取メニュー ホビー 買取メニュー オーディオ 買取メニュー 楽器 買取メニュー 骨董品 買取メニュー ブランド品 買取メニュー ジュエリー・
宝石
買取メニュー 時代家具 買取メニュー ミシン
2019.05.06 カメラ買取

古くても高額買取が期待できる二眼カメラ

古くても高額買取が期待できる二眼カメラ
レトロ感がオシャレでアンティークとしての価値が高い二眼レフカメラ。
使えるか分からないからと諦めないで!!今でも買取可能な種類をいくつかご紹介します。ヤシカやミノルタなどは買取相場5000円~とまだまだ高額買取も期待できるものがあります。
1.高価買取される!二眼カメラの魅力とは

-1-1 正方形の写真が撮れる

-1-2 人の自然な表情が狙える

2.二眼カメラを高く買い取ってもらうには

3.高額査定が見込める人気の種類

-3-1ヤシカ「Mat-124G」

-3-2マミヤフレックス「C プロフェッショナル」

-3-3ミノルタ「AUTOCORD」

-3-4ローラいフレックス「DRP DRGM Tessar」

高価買取される!二眼レフの魅力とは

戦後に登場した、レンズが上下に2つ並んだ独特なデザインの二眼レフカメラ。
アンティークとしての価値は高く今でもコレクターの間ではとても人気があります。
特徴としては、正方形の写真が撮れるということ。
二眼レフはファインダーレンズと撮影レンズが並んでいるので、カメラを縦横に傾けて撮影することにむきません。
そこで縦横がない正方形のフィルムを使用するタイプが一般的。

次に、人の自然な表情が撮れるということ。
デジカメなどの顔の前に構える「アイレベルファインダー」とは違い、二眼レフカメラのファインダーは上からのぞき込む「ウエストレベルファインダー」だからです。
撮影者の顔は下を向いているので威圧感が少なく自然な表情を狙いやすいと言われています。

二眼カメラを高く買い取ってもらうには??

二眼カメラに限らず、やはり外側くらいは綺麗にクリーニングを済ませてから買取査定へ出しましょう。
特に二眼カメラの構造上、レンズにチリやホコリが溜まりやすいことが多いのでブロワーで吹かして飛ばしたいものです。
ほとんどの二眼レフはレンズ交換式ではありません。レンズの周りにネジがありますが、古いネジ山はもろくなめやすいですし、触らないようにしましょう。
もしも専門業者に修理や清掃に出したことがあるのなら、その修理内容証明書や保証書などがあると高価買取に繋がります。
技術者が分解清掃したものや、日ごろの手入れが行き届いていたと証明出来ると買取査定にプラスです。

高額査定が見込める人気の高い種類

・ヤシカ「Mat-124G」
ヤシカは最も多くのシリーズを製造してきました。
中古市場でも取引数が多く、売れる可能性が高いと言えます。
買取相場1000円~10000円
・マミヤフレックス「C プロフェッショナル」
レンズ交換ができるので、現在でも撮影目的に探しているファンが多く人気の高い機種になります。
ただ本体だけの現状品では買取不可となる場合があり。
買取相場1000円~10000円
・ミノルタ「AUTOCORD」
ミノルタは日本国内で初めて二眼レフカメラを製造しました。
この機種は主に前期型と後期型に分かれています。
買取相場 前期型1000円~3000円 後期型5000円~10000円
・ローライフレックス「DRP DRGM Tessar」
年代ごとにシリーズが豊富な世界初の実用的な元祖二眼レフカメラです。
買取相場1000円~5000円

実は人気が高かったレトロなフェイスの二眼カメラ
買取相場については本体やレンズの状態などによっても変動するので一眼には言えませんが、今回は特に人気が安定していて買取が見込める種類を紹介しました。
ぜひ高額買取を目指し、丁寧なクリーニングを施して買取査定に出してください。

関連記事