買取メニュー カメラ 買取メニュー お酒 買取メニュー 腕時計 買取メニュー ホビー 買取メニュー オーディオ 買取メニュー 楽器 買取メニュー 骨董品 買取メニュー ブランド品 買取メニュー ジュエリー・
宝石
買取メニュー 時代家具 買取メニュー ミシン 買取メニュー 切手
2020.04.28 ミシン買取

かなり古い足踏みミシンでも売れるんです!

かなり古い足踏みミシンでも売れるんです!
自動で名前まで入れられちゃうコンピューターミシンが主流な現代で、時代遅れの足踏みミシンが売れるわけない。そう思っていませんか?
ドッコラショと重たい腰とミシンを持ち上げて、一度査定に出してください。驚きの高値がつくかもしれませんよ!
1.足踏みミシンの需要・求められる理由
2.理由その1。最新式ミシンよりも足踏みミシンが喜ばれる!?
3.理由その2。修理しやすい足踏みミシンなら長く使える
4.難点といえば
5.まとめ

足踏みミシンの需要・求められる理由

足踏みミシンとはその名の通り、足元にある踏板を操作することで生地が縫える旧式のミシンです。 分厚い布も簡単に縫え、壊れにくく修理が簡単。 しかし電子ミシンが主流となった近年、家庭用としての需要は正直あまりありません。 ただ世界の縫製工場ではまだまだ現役。未だに業務用として高い人気を誇っています。

理由その1。最新式ミシンよりも足踏みミシンが喜ばれる!?

足踏みミシンは現在主流になっているコンピュータミシンとは違い、電力を必要としません。 それがどうして重要かと言うと。日本ではなかなか考えにくいことですが、世界の縫製工場としてミシンが活躍している国、カンボジアやベトナム、バングラデシュなど東南アジアではインフラ整備が十分でないところも多く、安定的な電源の確保が課題になっている土地もあります。 そう、足踏みミシンなら停電しても作業がストップすることはありません。業務用としての価値が見出されました。

理由その2。修理しやすい足踏みミシンなら長く使える

ミシンは繊細な精密機械です。 長年使っていれば修理はつきものですが、コンピュータミシンの見積もりは数万円だったのに対して、足踏みミシンの見積もりは数千円。そんなことがよくあります。 なぜかと言うと、単純に足踏みミシンの方が直しやすいから。 またコンピュータミシンは基盤の交換など部品そのものの代金が高いということも言えるでしょう。 もちろん故障個所など状態によっての変動がありますが、基本的に足踏みミシンなら上記のような東南アジアの現地でも修理ができます。 自社で修理できて長く使える、業務用として抑えておきたいポイントかもしれませんね。

ただひとつ、難点といえば……

過去には数十万の査定がついたミシンもあるほど、かなり古い足踏みミシンでも高値の査定がつくこともあります。 埃をかぶったままに眠らせておくくらいなら、簡単・便利なCOYASHを通して世界の必要としている場所へ届けませんか?

倉庫で眠ったままでいるよりも、求められている場所へ!
過去には数十万の査定がついたミシンもあるほど、かなり古い足踏みミシンでも高値の査定がつくこともあります。
埃をかぶったままに眠らせておくくらいなら、簡単・便利なCOYASHを通して世界の必要としている場所へ届けませんか?

関連記事

大事な
お知らせ

査定をご希望のお客様はご一読ください