買取メニュー カメラ 買取メニュー お酒 買取メニュー 腕時計 買取メニュー ホビー 買取メニュー オーディオ 買取メニュー 楽器 買取メニュー 骨董品 買取メニュー ブランド品 買取メニュー ジュエリー・
宝石
買取メニュー 時代家具 買取メニュー ミシン 買取メニュー 切手
2019.05.21 楽器買取

キーボードを売るならどこがいい?買取査定のポイントもご紹介!

キーボードを売るならどこがいい?買取査定のポイントもご紹介!
不要になってしまったキーボードも、せっかく売るなら信頼できる業者に、なるべく良いお値段で引き取ってもらいたいものです。手軽でスピーディーに買い取ってもらえる方法と、高額査定につながる工夫の仕方をご紹介します!
1.自宅で売る、スマート買取がおすすめ
2.おすすめできない販売方法
3.査定の3つのポイント
3-1.メーカー・型番・製造年
3-2.状態
3-3.付属品

その場で引き取りが完了するスマート買取がおすすめ

キーボードを売るのであれば、待たずに自宅で取引できるスマート買取がおすすめ。査定員がご自宅に訪問して、その場で引き取りと支払いをします。直接楽器店に持って行くのは大変ですし、買取不可だった場合は持ち帰らなければいけません。

宅配買取の場合、キーボードのような大きな物を梱包して送るだけでも大変な手間です。「すぐにお金に換えたい」「引っ越しを控えているので処分が必要」という場合は、短時間で解決できるスマート買取が一番です。その場で査定金額が出るので、満足できない場合も交渉しやすくなります。

おすすめしない処分方法

・リサイクルショップ
大量に不用品を処分する場合は便利なリサイクルショップ。しかしその取扱い品幅の広さゆえに、キーボードに詳しいスタッフがいるわけではありません。相場より低い価格がつけられてしまうこともあるので、リサイクルショップは避けたほうが良いでしょう。値がつかないキーボードの場合、逆に回収料がかかってしまうことも。

・ネットショップ
ネットショップへの販売は、何より手続きが煩雑です。よほど写真の見せ方が上手でないとなかなか買い手がつかず相場以上に値下げすることになってしまったり、買い手の人とのトラブルが発生するリスクもあります。また、梱包の問題があります。購入時の箱が残っている場合はいいですが、適当な段ボールのつぎはぎをすると、品物に問題がなくても梱包の雑さがクレームにつながったりすることも多いです。

査定の3つのポイント

愛用していた楽器、せっかく売るならなるべく高い値段をつけてもらいたいもの。査定のポイントは、「メーカー・型番・製造年」「状態」「付属品」の3つ。

1.メーカー・型番・製造年
YAMAHAやRolandなどの人気メーカーのもので、型落ちしていない新しいキーボード、ヴィンテージの価値があるキーボードは高く買い取られる傾向があります。普及品で購入してからかなりの年数がたっている場合、値が付かない場合があります。

2.状態
動作不良や傷が無く、修理の必要が無いかどうか。汚れや傷がなく、劣化もしていないきれいな状態かどうかが、査定に影響します。普段から大切に扱うことはもちろん、査定前に綺麗に掃除することが大事です。

3.付属品
購入時についてきた付属品はありったけ集めておきましょう。保証書、取扱説明書、専用コードやペダルなどの付属品がそろっている方が、買取額は高くなります。

自分に合った業者を選び、スピーディーに売却!
大切に使っていた楽器、気持ちよく送り出してあげたいものです。ぜひ良い値段をつけてくれ、リサイクルもきちんとしてくれる業者に頼みましょう。ポイントを押さえて、なるべく高く査定してもらいましょう!

関連記事