買取メニュー カメラ 買取メニュー お酒 買取メニュー 腕時計 買取メニュー ホビー 買取メニュー オーディオ 買取メニュー 楽器 買取メニュー 骨董品 買取メニュー ブランド品 買取メニュー ジュエリー・
宝石
買取メニュー 時代家具 買取メニュー ミシン 買取メニュー 切手
2019.05.20 腕時計買取

伝統と革新!パテックフィリップの歴史に迫る!

伝統と革新!パテックフィリップの歴史に迫る!
パテックフィリップの歴史のはじまりは1839年。1845年に、ブランド名にもなっているフィリップが共同経営者になりました。1932年には今も根強い人気を誇る「カラトラバ」が誕生。今日も歩みを止めない、伝統と革新を貫くブランドです。
1.パテックフィリップの歴史は亡命貴族と時計師からスタート
2.パテックフィリップの歴史の中で最も偉大な「カラトラバ」
3.パテックフィリップは歴史と未来を紡ぐブランド

パテックフィリップの歴史は亡命貴族と時計師からスタート

パテックフィリップの歴史のはじまりは1839年。ポーランド出身の亡命貴族「アントワーヌ・ノルベール・ド・パテック」とチェコ人時計師「フランソワ・チャペック」が、スイスのジュネーブにパテックフィリップの前身となる時計工房を設立しました。
当時メインで生産していたのは懐中時計。高品質で美的センス溢れる製品は、今に通じています。
その後1844年、パテックはパリの博覧会に出展していたフランス人時計師「ジャン・アドリアン・フィリップ」と出会い意気投合。
1845年にはチャペックが退き、フィリップが共同経営者となりました。
1851年には、スイス初の腕時計「No. 27368」を制作します。

パテックフィリップの歴史の中で最も偉大な「カラトラバ」

パテックフィリップの転換期は1932年です。この時に誕生したのが、今でも不動の人気を誇る「カラトラバ・コレクション」。
当時流行していたアール・デコという、「直線的で合理的なデザイン・原色の対比」を軸としたデザイン様式からの脱却期です。
「よりシンプルなデザインへの回帰を」というパテックフィリップの声に共鳴したのが、ドイツの芸術運動「バウハウス」。
バウハウスの「機能がフォルムを決定する」という哲学からインスピレーションを受け、カラトラバ・コレクションは完成されました。
ラウンドケースのシンプルなデザインは、当時の人々の心をつかみ、今日まで歓迎されるにいたっています。

パテックフィリップは歴史と未来を紡ぐブランド

1950年代を通じ、パテックフィリップの技術力はさらに加速します。
1953年には自動巻腕時計の発売。
1962年のジュネーブ天文台計時精度コンクールでは、
1.トゥールビヨン(姿勢によって生じる、時計の誤差を防ぐ技術)
2.アンクル脱進機
3.自由振動髭ぜんまい搭載ムーブメント
のテクニカルポイントで、パテックフィリップ社が未曽有の最高得点を記録。堂々の1位を獲得しました。
1996年には「年次カレンダー」の特許を取得。
これは、月の日数が30日の月と31日の月を自動で判別。それにより日付修正が1年に1回、3月1日にのみで済むという非常に画期的なものです。

パテックフィリップは歴史と未来を紡ぐブランド

パテックフィリップは歴史にあぐらをかくことなく、常に時代のアバンギャルドとして歩みを進めています。
1990年代、ゴンドーロ・コレクションとTwenty-4コレクションの2つが誕生しました。
1996年には、時計製作センターをスイスのジュネーブ郊外にあるプラン・レ・ワットに建設。デザインや製造からマーケティングまで、パテックフィリップの全てを統合した本拠地です。

21世紀に突入しても、その歩みを止めることはありません。
2001年、ジュネーブにパテックフィリップミュージアムをオープン。
2018年にはワールドタイム・ミニットリピーター5531Rモデルを発表。
伝統と革新を続けるブランドです。

歴史からに裏付けされたステイタスがパテックフィリップの魅力
カトラバは現在のドレスウォッチの元と言われるほど、影響を与えたモデルです。伝統をおろそかにせず、時代の空気を読み取るのがパテックフィリップ。今後もブランドの美学を体現し続けていくに違いありません。

関連記事