買取メニュー カメラ 買取メニュー お酒 買取メニュー 腕時計 買取メニュー ホビー 買取メニュー オーディオ 買取メニュー 楽器 買取メニュー 骨董品 買取メニュー ブランド品 買取メニュー ジュエリー・
宝石
買取メニュー 時代家具 買取メニュー ミシン 買取メニュー 切手

間違ったお手入れが宝石を傷つけているかも

間違ったお手入れが宝石を傷つけているかも
宝石は化粧品や皮脂に含まれる油成分が非常につきやすく、なかなか落ちません。
果汁や温泉など日常的に接する機会のある酸や硫黄に弱いものもあり、注意が必要です。
汚れをほうっておくと致命的なダメージを受けることも。正しいお手入れが不可欠です。
1. モース硬度一覧
2. モース硬度7。これだけ覚えていけば大丈夫!
3. 磨いてはいけない宝石
・お手入れ方法
・気を付けてほしいポイント
4. まとめ

モース硬度一覧

宝石のお手入れ方法を語るうえで欠かせないのが、このモース硬度。
モース硬度とは10基準となる鉱物と比較することによって鉱物の硬度を求める経験的な尺度のことです。

アイオライト 7から7.5
アパタイト 5
アズライト 3.5から4
アレキサンドライト 8.5
アクアマリン 7.5から8
エメラルド 7.5から8
オニキス 7
オパール 5.5から6.5
ガーネット 6.5から7.5
カイヤナイト 4.5から7
カルサイト 3
クォーツ(水晶) 7
クリソベリル 8.5
クンツァイト 6.5から7
ゴシェナイト 7.5から8
琥珀(アンバー) 2.5
サファイア 9
サンゴ 3.5
ジェダイト(ひすい・硬玉) 6.5から7
シデライト 3.5から4.5
シリマナイト 6.5から7.5
ジルコン 7.5
真珠 3.5から4
スピネル 7.5から8
スフェーン 5から5.5
スポジュメン 6.5から7
ソーダライト 5.5から6
ゾイサイト 6から7
象牙 2.5
ターコイズ 5から6
ダイオプサイド 5.5から6.5
ダイヤモンド 10
タンザナイト 6から7
トパーズ 8
トリフェイン 6.5から7
トルマリン 7から7.5
ネフライト(ひすい・軟玉) 5から6
ヒデナイト 6.5から7
フローライト(フルオライト) 4
プレナイト 6から6.5
べっ甲 2.5
ヘマタイト 5から6.5
ヘリオドール 7.5から8
ペリドット 6.5から7
マグネサイト 3.5から5
マラカイト 3.5から4
ムーンストーン 6から6.5
めのう(アゲート) 6.5から7
モルガナイト 7.5から8
ラピスラズリ 5から6
ラブラドライト 6から6.5
ルビー 9
レッドベリル 7.5から8
ロードクロサイト(インカローズ) 3.5から4
ロードナイト 5.5から6.5

モース硬度7。これだけ覚えていけば大丈夫!

宝石の専門家でもないのにモース硬度と言われても、困ってしまいますよね。
難しいことは覚えなくて大丈夫。ただひとつだけ、これだけ覚えておいてください。

モース硬度7以下の宝石は、拭いてはダメ。

なぜかというと、モース硬度7である石英が、地球上のありとあらゆる場所に散らばっていて、埃の中にたくさん含まれているから。
見えなくても、綺麗に洗った布でも、石英がくっついていると思ってください。その石英が付いた布で擦るのは、ヤスリをかけるようなもの。小さい傷がついてしまいます。
宝石は硬いものと思われるかもしれませんが、上のモース硬度の一覧を見てもわかるとおり、硬さはいろいろ。モース硬度7以下の宝石もたくさんあります。

磨いてはいけない宝石

●実際のお手入れ方法について

布で擦らずに、宝石についた埃や垢を落とすには、水で洗い流すこと。細かい細工に詰まった汚れはブロアーなどで吹き飛ばすのもいいでしょう。
プラスチックなど柔らかいボールや洗面器などに常温の水を張り、手に持った宝石を漬けて軽く振ります。
これだけで大抵の垢は落ちます。
あとは柔らかい布で、こすらずにソッと包み込んで水分を取り除いてください。
ただし糸で繋げている真珠や琥珀のネックレスなどは、隙間に入った水がなかなか抜けないのでこの方法は使えないので注意。●気を付けてほしいポイント
特に柔らかい琥珀や真珠を洗う際は、ボールや洗面器の底にタオルなどを敷いておきましょう。
うっかり落としただけでも傷が付いてしまいます。
水洗いをした際は必ず、十分に乾燥させてから収納してください。
絶対にドライヤーを当てたりしてはいけません。自然乾燥です!
宝石同士はぶつかり合うことのないようにしまってください。
旅行などに持っていく際にも1点づつ個別に包むくらいの配慮が必要です。

宝石は意外と繊細!硬度別に正しくお手入れを
着けた後は必ず柔らかい布やシリコンクロスで拭く、もひとつですが宝石それぞれに合ったお手入れ方法を学べば格段に寿命を延ばすことができます。
買取査定に出す時にもきっと役に立つので、覚えておいて損はないでしょう。

関連記事