買取メニュー カメラ 買取メニュー お酒 買取メニュー 腕時計 買取メニュー ホビー 買取メニュー オーディオ 買取メニュー 楽器 買取メニュー 骨董品 買取メニュー ブランド品 買取メニュー ジュエリー・
宝石
買取メニュー 時代家具 買取メニュー ミシン 買取メニュー 切手
2019.05.21 楽器買取

高額買取されるオーボエの特徴

高額買取されるオーボエの特徴
中古市場で人気のオーボエについて紹介します。初心者向けでも高価なものが多く、状態の良いものは高く買い取られます。お手入れや売却のポイントを押さえると、高額買取が期待できます。
1.メーカーや型番で変わるオーボエの相場感
2.高額で売るために、査定前にできること
─2-1.状態の点検
─2-2.お掃除
─2-3.付属品
3.どこで売ればいいの?
4.実際どのくらいの値段がつくものなのか?

メーカーや型番で変わるオーボエの相場感

マリゴやヤマハ、リグータ、クランポンをはじめとする一流メーカーのオーボエはなかなか値崩れしません。型番は現行品に近いものの方が高くなる傾向にあります。もともと高級レーベルのオーボエを購入した場合は、売るときも高額買取が期待できるでしょう。大体購入時の2~4割の値がつきますが、状態が良いとさらに高額で買取されます。

メーカーや型番は保証書に書いてありますが、保証書が無い場合は楽器本体を見てみましょう。上管の上側、下管のジョイント部分や裏側に書いてある場合が多いです。

高額で売るために、査定前にできること

楽器の状態でも、かなり買取価格が変わってきます。

・状態の点検
割れや凹み、タンポの破れなどは無いでしょうか?音に異常はありませんか?気になる点がある場合は一度楽器店で点検してもらうと良いかもしれません。点検に出す時間が無い!という場合も大丈夫。状態が悪くても買取されるケースがあるので、一度査定に出してみましょう。

・お掃除
見た目の使いこまれ感は、査定にも影響するもの。
表面やキーについている指紋やほこりはきれいに専用のクロスなどを使ってふき取りましょう。内部もスワブできれいにしておきましょう。

・付属品
純正のケースがあるかどうかで買取価格は変わります。セットで購入した場合はケースを、それから説明書などの付属品も、保管してある場合は探し出しておきましょう。

きれいにして送り出すことで、今までの感謝を伝えることにもなりそうですね。

どこで売るのが良いの?

1.リサイクルショップ
2.楽器店
3.買取専門ショップ

リサイクルショップでは、ほぼなんでも物を扱う性質上、相場に即して買取していないことがほとんどです。せっかくの楽器が安く買いたたかれてしまうことが予想されます。やめておいた方が良いでしょう。

楽器専門店は、下取りの場合は色を付けてくれます。店舗での引き取りをしている場合がほとんどで、顔の見える安心感が得られそうです。

買取専門ショップでは、査定の専門家が相場に即して買い取ってくれます。買取がスピーディーですぐに現金化できるのは嬉しいところ。たくさんあるので、高く買い取ってくれる業者を比較して選ぶこともできますね。

実際どのくらいの値がつくものなのか?

オーボエの買取参考価格は下記の通りです。2018年現在の目安で、変動する場合があります。

YAMAHA YOB-832 約210,000円
YAMAHA YOB421 約76,000円
MARIGAUX 28901 約170,000円
CRAMPON R48  約310,000円
RIGOUTAT シンフォニーJDR 約220,000円

基本的に、激安で売られていたものや、長い間放置したり激しく損傷したものでなければまともなお値段で買い取ってもらえそうです。

使わなくなった時は早めに!新学期前はチャンス!
古代の葦笛がルーツとも言われている、繊細な音色を奏でるオーボエ。メンテナンスせず長い期間保管すると劣化してしまいます。使わなくなった時点で、お手入れして早めに査定に出してみましょう。新学期前や新年度前はより需要が高まるので、3月や7月頃はねらい目かもしれません。

関連記事