買取メニュー カメラ 買取メニュー お酒 買取メニュー 腕時計 買取メニュー ホビー 買取メニュー オーディオ 買取メニュー 楽器 買取メニュー 骨董品 買取メニュー ブランド品 買取メニュー ジュエリー・
宝石
買取メニュー 時代家具 買取メニュー ミシン 買取メニュー 切手
2019.05.21 楽器買取

まずは型番をチェック!電子ピアノ買取の相場感

まずは型番をチェック!電子ピアノ買取の相場感
ネットショップや中古ピアノショップで大量に売られている電子ピアノ。買ってから10年以内で、有名メーカーやハイグレードな電子ピアノであれば良い値段がついています。高額査定のポイントは意外なところにも。
1.値崩れしにくい電子ピアノの特徴
2.電子ピアノの買取相場
3.高額買取のコツ

値崩れしにくい電子ピアノの特徴

・メーカー
・グレード

ローランド、カワイ、カシオ、ヤマハ、コルグ、といった、数々の有名メーカーが様々な価格帯の電子ピアノを出しています。こういった一流メーカーの電子ピアノに値が付きやすいです。

高級レーベルのものは発売から多少時間が経っていても高額の値段が付きます。例えばカワイのCAシリーズやローランドのHPシリーズ、ヤマハのハイブリッドピアノやクラヴィノーバは中古市場でも非常に人気です。

電子ピアノの買取相場

中古で電子ピアノを売る場合、購入時の価格の2~3割だと思っておくと良いでしょう。状態が良ければ価格が上乗せされます。

参考買取価格:
ローランド RG-3F 約248,000円 
      HP-605 約45,000円
ヤマハ ハイブリッド DGP-5 約120,000円
    クラビノーバ CLP-575 約70,000円
カワイ CA9700GP 約170,000円
CA93B 約91,000円
    CN24R 約45,000円
カシオ PX-750 約10,000円
コルグ LP-350 約21,000円

保証書や、本体の背面や鍵盤の下に貼ってあるシールをチェックして、メーカー・型番・製造年を把握しておくと、見積もりをするときもスムーズに話が進みます。

ただし、製造年には注意してください。高級・人気レーベルを除いて、10年以上前に作られた電子ピアノは残念ながら値が付かない場合も。いくつかの業者で値が付かない場合は、無料引き取りしてもらえる業者に託すことも検討してみましょう。

高額買取のために気を付けること

せっかく値が付く電子ピアノを持っているならば、なるべく高く売りたいもの。

1.保存状態
まずは、普段の取り扱いから。
・温度変化の影響を受けないよう、窓際や外壁、クーラーのそばに置かない。
・弾く前には必ず手を洗い、汚れが鍵盤につかないようにする。
・必ずカバーをかける。
などのことに注意しておきましょう。

査定前には傷の有無をチェックし、ホコリや汚れを綺麗にお手入れしておきましょう。
柔らかい布でからぶきするか、水で濡らし固く絞って優しく拭くと綺麗になります。研磨剤や洗剤は使わないようにしましょう。

2.付属品
椅子・説明書・トップカバー・メトロノームなど付属品はできるだけそろえておきましょう。高い評価につながります。

3.搬入出のしやすさ
買取業者が運び出すときに、人数が少なくて済む場合は査定がアップします。運びにくい場合リスクやコストが大きくなるので、マイナス査定になることも。家の間取りや駐車場の有無なども考慮に入れておきましょう。

専門の査定員がいるかで選ぶ買取先
いざ売る段になったら、相場より安く買われてしまうことが無いように、まずはいくつかの業者に電話やメールで見積もってもらいましょう。楽器専門の査定員のいないリサイクルショップは避け、楽器専門店や買取専門店に頼むと相場に即して見積もってもらえます。

関連記事